my front page

Information

大盛況!「癒しフェア東京 2016」
7月30日(日)、癒しフェア東京で講演をさせていただきました。お陰様で満席で立ち見のお客様がでる盛況でした。
本当に有難うございました。
トリニティのWebサイトで町田真知子先生の新連載がスタートしました
「トリニティ」は2001年創刊の元祖スピリチュアル女性誌でヒーリングやスピリチュアルなどを切り口に、最旬であり普遍の情報をピックアップして発信している媒体です。
そのトリニティのWebサイトで町田真知子先生の新連載がスタートしました。
毎週更新しますので、ぜひご覧ください。

トリニティWebサイト
【10/30】町田先生の初めての著書「地底人から怒られたい」がついに発売されました
町田真知子先生の初めての著書「地底人から怒られたい」VOICE出版が10月30日に発売になります。
高次元宇宙存在とライターの方が気づき、目覚めるまでの過程がコミカルに描かれています。
また、町田真知子先生がアネモネ11月号で「高次元宇宙存在からのリアルメッセージ」と題して特集を組まれています。

詳細はこちらをご覧下さい

プロフィール

町田真知子

もともとは神社仏閣での神託や、エネルギー調整を得意としていたが、あるとき、名前を持たない、地球内部の高次元存在とのコンタクトがはじまる。

その高次元存在との対話はクライアントの心に深く刺さり、意識の拡大を促すと、短期間で話題を呼び、数々のメディアに取り上げられたり、初めての著書「地底人に怒られたい」が話題になる。

高次元存在から直接指導を受けるコンサルティングが「覚醒」や「引寄せ」をマスターしたい方、「宇宙の英知」を経営に生かしたい方に口コミで広がり、日本全国やNYからも学びに来る。

現在は銀河系以外の宇宙高次元存在ともコンタクトをとっている。

地球内部の高次元存在とは

地球創世記より地球の内部(地底)に存在する、名前を持たない意識体。地球の表面に住む人類の目覚めを促すためにコンタクトしてきている。人類すべての人生を体験してきた私達一人一人の未来世でもある。

 

メディア情報

■「地底人に怒られたい」

母親の愛情のように、やさしく叱る
高次元の存在インナーアースに教わる、
真実は常にあたりまえの中にある

インナーアース(地底人)
地球創生期より地球内部(地底)に存在する、名前を持たない意識体、地球表面に住む人類の目覚めを促すためにコンタクトしてきている。人類すべての人生を体験してきた私たち一人ひとりの未来世でもある。

「インナーアース(地底人)」と「地上の人(フツーの人間)」とのチャネリング・セッションを収録したユニークな本です。

本の内容をもっと見る

 

アネモネ 2015年2月号
「空洞地球の存在は語る2」


アネモネ 2014年12月号
「空洞地球の存在からのメッセージ」

 

コンサルティング

「インナーアースと宇宙高次元のコンサルティング」

~経営相談、引き寄せ、お金と宇宙の法則、人間関係、人生の使命、病気の原因、覚醒、能力開発など~

インナーアースや宇宙高次元存在は「宇宙の法則」のマスターです。
あなたが今解決しなくてはならない問題を聞けば、あなたにとって最も最短で合理的な方法をコンサルティングしてくれます。

本気で人生を変えたい、目覚めたい、成功したい、覚醒したいなど、あなたが心から欲していることを聞けば、魂に突き刺さる言葉で答えくれます。
コンサルティングでは目の前にある問題を解決したり、ビジネスを成功させていきながら、自分の使命に気づき、「宇宙の法則」をマスターし、自分の内在する潜在意識と繋がり、自分が創造主であることを実感するでしょう。

 
経営相談

お金、人間関係、引き寄せの法則、自分自信との対話など、ビジネスでの成功には宇宙の法則のすべてが高度に詰まっています。
宇宙や自然界のエネルギーが循環して流れているように、ビジネスでも関わる人のエネルギーがうまく循環しなければ成功しません。

コンサルティングでは宇宙の法則とエネルギーを上手く活用し、成功していく手法を教え、実践していただきます。
ビジネスや経営で宇宙の法則を上手く活用し、成功したい方にお勧めです。

引寄せの法則、願望実現

インナーアースや宇宙高次元存在は「宇宙の法則」のマスターであります。
その存在から直接コンサルティングを受けていただくことが「引寄せの法則」や「願望実現」をマスターする一番の近道です。

「引寄せの法則」については沢山の本が出ていますが、いくら本を読んでもマスターできた人は殆どいないのではないでしょうか?
また、小さな対象を引き寄せることは簡単ですが、大きな対象は難しいとか、どうやって引寄せるのかわからない方は多いのではないでしょうか?

コンサルティングではあなたが望んでいることであれば、どんな切り口からでも構いません。
宇宙高次元の存在は望んだことに最短で合理的な方法しか教えないのです。
私達の来世でもある宇宙高次元の存在は私達のこと全てを知っており、時に厳しく、時に愛に溢れる、心に響く鋭い言葉で気付かせていきます。
「引寄せの法則」や「願望実現」を学びながら、全ての人は創造主であるということが自然と理解していきます。
我々は創造主であるので、神と同じように人生を創造する力を持っていることが実感できるでしょう。

引寄せが出来ない人は、なぜ引寄せができないのでしょうか?
・引寄せが目には見えないので信じられない。
・何度もオーダーを書き換えてしまっているのかもしれません。
・引寄せる対象が自分の使命に沿っていないかもしれません。
・自分を信じていないのかもしれません。
・他の問題を先に解決しないと、うまくいかないのかもしれません。
など理由は沢山あります。

インナーアースや宇宙高次元存在から直接コンサルティングが受けられます。
・どの部分がうまくいかないのか?
・今、どれ位引寄せられているのか?
・そもそも引寄せができない根源的な問題は何か?
など理解しやすくマスターしていきます。

引寄せの法則をマスターし願望実現ができるようになると、宇宙の法則が理解できます。
この世の中で起きていること全てが自分が望んだものといういう認識がわかると、宇宙のリズムに乗って生きる心地よさを体感できるのです。

人間関係

自分の周りの人間関係はすべてが鏡です。
人間関係で問題が起これば、相手ではなく自分に起きた原因があります。
怒りや落ち込んだりすることがあれば、それも自分に原因があるのです。

どうして問題が発生したのか、負の感情が沸き起こる原因をコンサルティングすることで、楽しい人間関係しか残らなくなります。
また、負の感情に振り回されないポジティブな人間になっていただきます。

人生の使命

人は生まれてくる時、自分の使命を決めてきます。
ただ、成長して多くの経験をするうちに自分の使命や夢と反れた道に進んでしまうこともあります。
生まれてくるときに決めてきた使命や夢に忠実に生きている人は、幸福感で溢れています。
だけど、使命や夢と反れてしまうと人生が思うように進まなかったり、悩んだりします。

高次元存在は使命を細かく教えてはくれませんが、自分で思い出す手段を教えてくれます。
自分が何を夢とし、使命として生きることを選んできたのかを町田先生と一緒に探していきます。(コンサルティングのみ)

自分の使命とずれてしまっている人には、忘れている使命を思い出し、軌道修正しながら自分のポジションに戻っていただきます。
人は幸せになる為に生まれてくるのです。

病気の原因

病気にかかるには必ず原因があります。
多くの日本人の死因になっているガンの場合、愛情不足や人間関係などのストレスが原因であることが殆どですし、他の病気にもそれぞれに原因があります。

もし、あなたや大事な人が最善の治療をしても治らないようでしたら、宇宙高次元の英知から病気の原因と解決方法のコンサルティングを受けてください。

能力開発と覚醒

ここでいう能力開発とは、他力本願にインナーアースや宇宙高次元存在が直接サイキック能力を与えることではありません。
あなたが能力を開花させたり、覚醒を求めているのであれば、最短な方法をコンサルティングするでしょう。
うまくいかずに困っているのであれば、原因や打開策を伝えてきますので、実践してください。
あくまで与えるのではなく、最短で合理的な方法をコーチングしてくれます。

チャネルドヒーリング(コンサルティングのみ)

宇宙高次元存在がおこなうヒーリングですが、次の2つの条件が揃わなければおこなってくれません。

①病気が自分で治せずに困っている人
②宇宙高次元存在を信じられる人

事例1 パーキンソン病でお困りのお客様が受けられて、1度のヒーリングで完治し、杖を忘れて帰って行かれてしまいました。
事例2 喘息の発作で困っているお客様が、夜中に宇宙高次元存在に「助けて」と心の中で呼ぶと発作が半減したそうです。翌日、コンサルティングの時に昨夜は有難うと伝えると、きみが僕を信じた分しか治せなかったんだよと怒られたそうです。

グループコンサルティング

 
定期的に開催をしておりますので、詳細はパワープレイス銀座まで
 
土地の浄化や因縁解消などの霊的問題や、病気の原因などの解決が難しい問題もご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>